おまとめローンは総量規制対象外?

キャッシングに興味のある人なら、総量規制という言葉は一度は聞いたことがあるでしょう。総量規制とは貸金業法によって定められた規制で、これにより年収の3分の1を超える借り入れはできないことになりました。この規制は多重債務に苦しむ人が増えたことが背景にあり、基本的にはキャッシングの利用者を守るための規制です。しかし場合によっては新たな借り入れができなくなることもあり、資金繰りに行き詰ってしまうケースが出てくるのが難点です。
もっとも、この総量規制には例外もあります。それはおまとめローンです。各金融機関が提供しているおまとめローンは、複数の借り入れを一本化することを目的としたものです。キャッシングは小口融資の場合、適用される金利が高くなりがちです。それが複数になれば、結果的に借金の総支払額は増えてしまいます。おまとめローンを利用して借金をひとまとめにしてしまえば、借入額が高額になるので適用される金利が低くなり、総支払額を減少させることができるのです。これは言い換えれば、ローンの利用者にとって有利な契約ということになります。総量規制では例外としてお金を借りる側が一方的に有利になるのであれば、年収の3分の1を超える借り入れが可能となっています。おまとめローンはこれに該当する可能性があるので、総量規制を免れることができるのです。
ただしこれはあくまでも原則的なもので、実際には審査に合格することが必要ですし、総量規制の範囲内でしか借り入れが認められないこともあります。気になる人は気軽に金融機関の担当者に相談してみるといいでしょう。
おまとめローンおすすめポイントと選び方【おまとめローンDX】はこちら